不動産を手放すための方法と準備

不動産を手放すための方法と準備

不要な不動産があるというときにはただ持っているだけでは資産が目減りしてしまうだけになります。無駄に出費を増やさないようにするには手放すことが大切ですが、どのような方法で手放すことができるのでしょうか。

仲介による売却が基本

不動産を手放す方法として最も典型的なのが仲介による売却です。不動産業者に連絡して売りたい物件があることを伝えると、仲介を申し出てくれるでしょう。不動産は次の所有者がいないと手放すことはできないため、不動産の買い手になる人を不動産業者に探してもらうというのがこの方法です。不動産業者と媒介契約を締結して正式に販売活動を行ってもらうことになるとその業者が持っているエリア全体で買い手を探してもらうことができます。放っておいても買い手が見つかる可能性がある点で優れていますが、業者に営業力がないと買い手が見つからずにいつまでも販売活動をすることになってしまいがちです。業者が必死に営業を行ってくれている場合には通常は三ヶ月以内には買い手が見つかります。そして、買い手との間で売買契約を結び、一ヶ月から二ヶ月後に引き渡しを行うというのが一般的です。この際に仲介をした不動産業者には売買価格に応じた仲介手数料を成功報酬として支払う仕組みになっています。

すぐに売りたいときの買取

不動産をすぐにでも手放したいというときに使用されるのが買取業者です。どのような不動産であっても基本的には数日から一週間程度のうちに買い取ってもらうことができます。仲介による売却の場合には買い手を探すのに時間がかかり、さらに互いの都合を合わせて引き渡しをするので手放すまでに時間がかかりがちです。しかし、買取の場合には買取業者が買い手になるので買取価格さえ決まってしまえばすぐにでも引き渡しができるようになります。その価格を確定するために不動産を実際に見てもらって買取価格を算出してもらう必要があるため、その期間として数日から一週間程度が必要とされるのです。ただし、一般的には買取価格は仲介による売却を行ったときに比べると低くなりがちになっています。これは買取業者がその不動産を売却することによる転売益を得ているからであり、中間マージンや在庫リスクの分を考慮して安めの買取価格にされるのが慣例です。

個人取引による売却も可能

不動産は引き取り手がいれば手放すことができるので、必ずしも業者の力を借りる必要はありません。知人にその不動産が欲しいという人がいたらその人に売却することができます。個人取引は不動産の手放し方としては日本ではあまりポピュラーではありませんが、引き渡しに関わる法的手続きを正しく行えば問題のない手放し方です。広く買い手を探したいというときにはインターネットサイトを利用することも可能であり、個人取引によって不動産取引の売買をしたいという人の斡旋をするサイトで物件情報を公開することができます。仲介や買取に比べると通常は買い手を見つけるのに苦労しやすく、取引を行うための手続きに手間がかかりますが、売買価格は高くなりやすいというメリットがあるのが個人取引です。また、子供や親などの親族に対して譲渡することにより手放すこともできます。この際にも法的な手続きを行わなければならないので注意しなければなりません。

価格を知るための査定が重要

手放したい不動産があってもどの程度の価格で売れるのかについては見ただけではよくわかりません。しかし、プロに依頼して査定を行ってもらえばどの程度の価格で売買されるのが適正かについて見積もってもらうことができます。不動産の仲介を行っている業者では通常は査定を無料で行っているので相談すると査定を実施してもらえるでしょう。また、不動産の査定を専門としている業者もあるので、少しの費用を支払うことによって客観的な見地からの査定結果を通知してもらうことが可能です。査定を受けることによってどの程度の金額で取引されるべきかがわかるので、仲介による売却、買取、個人取引のどの方法を選ぶときにも準備段階として査定を受けておくのが大切になります。その価格を参考にして取引価格を適正なものにすることが必要です。

査定を受けて売り方を決定

不要になってしまった不動産を手放したいときには、業者による仲介を受けて買い手を探してもらうことにより売却する方法、業者による直接買取を依頼する方法、個人取引によって業者を介さずに売る方法の三つから選ぶことができます。どの方法を選んでもメリットもデメリットもあるため、自分がどのようにして不動産を手放したいかに応じて決めることが肝心です。その際の取引価格を知る上で重要なのが査定を受けることであり、プロの視点から適正な価格を算出してもらうことができます。客観的な見地から査定を行ってくれる有料の査定もありますが、仲介業者が行っている無料査定もあるのでうまく活用して相場を理解することが大切です。その準備をしてから自分なりの方法を選んで売却すると適正価格での取引を実現できるでしょう。

おすすめ