Latest posts.

住宅ローンとは

住宅を購入するためには、何千万円という大きな金額を用意しなければなりませんが、その金額を一気に、自分の力のみで用意できる人はごく稀です。
多くの人は住宅ローンを利用して、購入費を用意します。
住宅の新築や改築などのために、土地と家屋を担保に大きな額を借りることができるのが住宅ローンです。

このローンにも様々なタイプがあり、各金融機関がキャンペーンなども盛んに行っているので、長い目で見ると大きな差があることもあります。
様々な住宅ローンを比較して、支払総額のシュミレーションなどを行い、自分の家庭に一番合ったものを選びましょう。
年収や年齢、購入したい物件のタイプなど、目の前にある問題に加え、子供の成長にかかるお金や収入の増減など、未来に起こりうる問題もシュミレーションしてみましょう。


<ローン選びにも優先順位がある>

利用できる住宅ローンの種類を確認したら、まずは金利の低い順に優先順位をつけてみます。
何十年もの間、大きな金額を返済し続けるので、僅かな金利の差が後になって大きな差になります。
また、住宅ローンには変動金利型と固定金利型がありますが、時代がどう変わるのかが不透明な日本では、固定金利型のほうが安全です。長年の返済計画も立てやすいでしょう。

住宅ローン、ここまで延滞ならぎりぎりセーフ

住宅ローンを延滞してしまうと、最悪、自宅が競売にかけられたり裁判所から強制退去を命じられることになります。しかし、延滞してからすぐにこの様な事はありません。では、どこまでがセーフとなるのでしょうか。


<最初の3カ月までは何ら影響なし>

延滞してから最初の3カ月まででしたら、実生活には何ら影響は起きません。ですので、実質的にはこの3カ月間までならばセーフと言ったところです。しかし、この3カ月間は金融機関によっても異なってくるでしょう。また、3カ月くらいになりますとローンの支払いを促す督促状なんかも多く来るようになります。ちくちくと実生活に影響を及ぼして来ます。


<4カ月から半年は返済先が変更になる>

延滞が4カ月以上になりますと、代位弁済通知書が届くようになります。これは、住宅ローンを借りるにあたって連帯保証人として承諾してもらった保証会社が代わりに住宅ローンの支払いを行った事の通知です。しかし、これは債務が完遂されたというわけではなく、返済先が保証会社に代わったというだけの事ですので、勘違いしないようにしましょう。半年以降になりますと、最悪自宅が競売にかけられたり裁判所から矯正たきょを命じられたりします。実際の所は3カ月まではセーフですのでその間に返済用のお金を溜めておかなければなりません。

住宅ローンは頭金とローンのバランスが大切

住宅の購入を考え頭金を貯めている方も多いと思います。一般的に購入する住宅の金額の30%用意することが住宅ローンとのバランスを考え理想的だといわれています。例えば4000万円の物件の場合1200万円は用意したほうがいいのですが、なぜその30%も必要なのでしょうか。


<住宅取得には物件価格以外に諸費用が必要>

住宅を購入するさい、絶対に必要なのが住宅ローン手数料、登記費用、不動産取得税です。また、仲介物件の場合は仲介手数料がかかります。そのパーセンテージは5〜8%といわれています。つまり4000万円の物件を購入する場合、諸費用だけで320万円が確実に必要になります。
つまり頭金に20%、諸費用に10%をみておくのが理想なんです。金額が多ければ多いほど利息も増えるので、安定した住宅ローンの返済を考えるなら、30%を目指すことをおススメします。


<頭金の作り方>

頭金が多いほど住宅ローンの返済が楽になりますが、貯めるのは大変です。でも、そこにも知恵はあります。
まず「財形住宅貯蓄」です。給料から天引きされる貯蓄ですので確実に貯めることができます。また、元利の合計が550万円までは利子が非課税ですし、1年以上積み立てをし続け残額が50万円以上ある場合は「財形住宅融資」を受けることもできます。
親から援助してもらうさいも非課税になる特例があります。「住宅資金贈与特例」です。この場合子ども1人につき1000万円まで非課税にすることができます。さらに、実際に相続時まで先延ばしにできる「相続時精算課税制度」というものあります。控除額は両親それぞれ2500万円まで非課税になります。

住宅ローンについて詳しく教えて!

今では住宅ローンを利用している方も比較的に多いかと思いますが、皆さんはきちんと返済方法などについてよく考えてからお決めになられたのでしょうか?
どのようにして住宅ローンを組んだら良いのかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
まずは予算から考えるようにするのが良いかと思います。
借りられる金額よりも返せる金額について知っておくべきだと思いますので、利用する前には必ずシミュレーションをしておくのが良いかと思います。
返済が大事になってきますから余裕をもって計画を立てるようにしましょう!


●住宅ローンについて正しい知識を身に着けよう!

住宅ローンについての正しい知識を身につけることから始めた方がよろしいかと思います。
やはり何も知らないままですと相手側の不動産会社の方の言われるがままになってしまったりしますし、銀行へ相談しに行って説明を受けても分からなかったりしてしまいます。
そういったことを避けるためにも、前もって正しい知識を身につけておくのがベストだと思います。


●借入額が大きいと返済額も大きくなる?

住宅ローンで気を付けてほしいことは、借入額が大きいと返済額も大きくなるという事です。
当たり前だと思う方もいらっしゃるかとは思いますが、借入額の増える分よりも返済額の増える分の方が多くなるという点がミソになるみたいです。
ローンの返済には利息の支払いが含まれますから、そういう風になってしまうということですね!

住宅ローンの種類

2014年4月から消費税が8%になる前に、大きな買い物をしたいと考えている人は多いようですね。代表的なのは住宅ですが、ほとんどの場合は住宅ローンを組むことになります。このとき、増税前と増税後に組むには、その消費税分だけで大きな違いが出るので、その前に住宅を購入してしまいたいということでしょう。

●住宅ローンには、どのようなローンがある?

住宅ローンには、公的融資と民間の住宅ローン、それにその両方の特徴を合わせた35フラットというローンがあります。公的融資には自治体融資のものと財形融資のものがあり、条件や金利がそれぞれ異なります。民間では都市銀行や信託銀行、地方銀行、信用金庫、JAや生命保険会社、損害保険会社などが提供しており、やはりそれぞれのサービスを展開しています。35フラットは旧住宅金融公庫、現住宅金融支援機構と、民間金融機関が提携してつくられたローンです。15年以上35年以下の長期固定金利型住宅ローンで、金利は民間金融機関が決めているため、その金融機関によって金利や融資額が変わります。こうしたさまざまな条件の中から、自分に合った金利、返済期間、返済方法を考慮して、それぞれの住宅ローンを組みます。住宅ローンの金利は見直しがよくあるため、随時チェックしておく必要があります。

住宅ローンの審査は簡単?

住宅ローンは、クレジットカードやマイカーローンなどと同じ金融商品となっていて、利用するためには審査を受ける必要があります。この審査に通らなければせっかく計画を立てていても無意味となってしまいます。審査の時にはどんなことに注意したらいいのかを知っておくことで安心して申し込むことが出来ます。


●住宅ローンの審査とは

カードローンやクレジットカードでは、基本的に個人の信用情報のみが審査の対象となって可否が決められますが、住宅ローンの場合はそれとは少し違います。どこが違うのかというと、購入する物件の価値も担保として審査の対象となるという点が異なります。住宅ローンは他のローンよりも大きな金額となってしまうので、万が一返済が滞った場合には、購入した物件を売却して返済にあてることになります。また、利用するときには同時に生命保険へ加入することが必要な場合もあるようです。


●個人の信用で重視されるところは?

しかし、住宅ローンの審査で一番重視さえるのは、個人の信用情報です。信用情報とは、年収や勤続年数、他の金融商品の支払い状況などを含んだ、申込者の返済能力のことを指します。年収は最低でも税込200万円以上、勤続年数は最低2年という暗黙の規定があるところもあるので、申し込みの際には事前にボーダーラインを把握しておきましょう。

住宅ローンの控除を活用

新しく家を建てるという事は家や土地の購入はもちろん、新たに家具や生活必需品なども多かれ少なかれ買い揃える事になる為、家を建てる事により様々な業界のお金が動き経済が活性化します。この事からもっと多くの人に家を購入してもらい経済や景気を活性化して欲しいという思いの元住宅ローン減税は施行されました。


●住宅ローン減税の概要

住宅ローン減税あるいは控除は基本的には新たに家を建てる、家を建てる為の土地を買う、増改築する際に住宅ローンを利用した人を対象とした減税制度です。この制度を利用する事によって住宅ローンの「額」とその年の「控除率」に応じた一定額を所得税額から控除してもらう事が可能です。1986年には既に施行されていた制度ではあるものの依然は控除額が低くあまり注目されていませんでしたが2009年の税改革をきっかけに控除額が大きく増えた事で注目を集めるようになりました。具合的にはローン残高が著しく伸びた他、控除期間10年控除率1%が固定となりました。


●最大限に運用する為には

例えば5000万円のローンを組んだ場合控除率は1%なので50万円がその年の所得税額から控除される計算になります。またこれが10年間続く為このケースの場合最大で500万円の控除が受けられる事になります。またあくまでキャッシュバックではなく「控除」という考え方の為、所得税額がこの50万円以下の場合少し勿体ないとも言えます。なお所得税額に加え住民税額も97500円までは実は住宅ローン減税の対象となる為、最大限に控除を活かすのであればローンの1%<所得税額とするのが良いでしょう。

住宅ローンと繰越返済

住宅の購入は人生で一番大きな買物と成り得ますし、その購入に住宅ローンの利用はほぼ必須といっても過言ではないでしょう。当然扱う金額は大きなものになりますし少しでも節約できる所は節約したいという人も多いでしょう。


●固定金利か変動金利か

住宅ローンの総支払額を少しでも減らそうと考えるとまず多くの人は金利に注視します。住宅ローンの金利は大きく分けると固定金利と変動金利、二つの複合型の三種類に分ける事ができます。例えばこれから住宅ローン金利の高騰が予期されているのであれば固定金利で契約する事により総支払額は減りますし、逆にこれから先金利が下がりそうならば変動金利にする事で総支払額は減ります。ただ実際の所はというと一般の方が金利の動向を見極めるのは難しく、またプロであっても先の事に関しては絶対などあり得ません。これらの観点から金利の種類選びは大切ですが絶対的な保証がありません。


●住宅ローンの節約は繰越返済から

しかし住宅ローンを繰越返済する方法なら総支払額は間違いなく安くなります。何故なら利息というのは時間経過と共に増えていく為短期間で返せるなら返してしまうに越した事はないからです。また元本が早い段階で減ればその分利息の額も少なくなります。繰越返済には多めに返す事で返済期間を短縮させる方法と、多めに返す事で以降支払わなくてはいけない額を軽減する方法があります。

こんな人は住宅ローンを組めない

家を買うには、絶対に必要と言ってもいいくらい大切な住宅ローン。住宅を一括現金で購入するという人は聞いたことがありません。ですから、将来住宅ローンを組む可能性がある人は、住宅ローンが組めない人とはどのような人なのかを知っておきたいですよね。


●住宅ローンを組めない人とは

住宅ローンを組めない理由となる一番の理由は、もちろん収入です。収入が安定していないという人は、まず住宅ローンを組めません。ここでよく勘違いされるのが、高収入が良いという事。決して高収入が良いわけではありません。高収入でなくても、耐えることない安定が必要なのです。ですから、少額でも安定した収入がある人の方が、断然有利と言えるのです。よくある例としては、公務員は収入に信頼がある為、借入しやすいと言います。


●過去の借入履歴がある

過去に借り入れ履歴があったり、返済をしていなかったりする人は借り入れができません。現在返済中でも、借り入れが今あるという事でもしかするとローンを組むことは難しいかもしれません。過去に借り入れ履歴があった場合絶対にダメというわけではないですが、返済事故などがあった場合は、高い確率で借り入れできないことが多いと言えるでしょう。

住宅ローンの目安教えます

住宅ローンを借りる時には、逆算の考え方が必要です。自分の収入に対して何%の支払額までが許容範囲になるのかを考えて、どれくらいまでの借入額なら大丈夫なのか見極めることが肝心です。でも、その目安ってどれくらいなの?大丈夫、借入額の適正な値をこれからご紹介します。


●住宅ローンは収入の1/4を目安にしよう!

例えば、一人暮らしの人ならば、毎月の住居費用はそれほど大きな金額をかけることは少ないでしょう。でも、それが家族と一緒に住むとなった場合、どれだけ費用を増せばいいのかご存知ですか?結婚して子供がいて、といった環境ならば、もちろんそれなりの大きさの空間が必要にもなりますし、そうすると大きな住居費用が必要になります。そこで知っておいてほしいのが、住居費用は収入の30%以下に抑えることです。もっと具体的には25%ほどが適正な割合だといわれています。


●貯蓄と返済のバランスを考える

住居の購入というのは、人生の中でも1度あるかないかという大きな買い物です。そのため、無理やり理想を追い求めて巨額の借入れをしてしまうと、生活費の方へしわ寄せされてしまいます。そのため、住宅ローンの費用を収入の30%以下に抑えることが、無理のない利用計画を始める大前提となっています。将来のことを考えてちょいくをするということも忘れずに、賢い住宅ローン選びを考えましょう。