不動産の売却を進める手順と注意点

不動産の売却を進める手順と注意点

これから初めて不動産を売却するという場合には手順を理解しておく必要があります。全体の流れを把握して、それぞれのステップにおける注意点を押さえておくと首尾よく売却へ向けて進めていくことができるでしょう。

査定を受けて始める不動産売却

不動産の売却は査定を受けることから始めることになります。売りたいと考えている不動産の適正な販売価格を知り、販売価格を決定するための情報を得るのが査定の目的です。不動産会社に相談するか、オンライン査定を利用すると簡単に査定結果を得ることができます。不動産査定には二種類あり、机上査定と訪問査定の情報を上手に利用することが大切です。机上査定は不動産に関する書面的な情報を基にして周辺の物件の相場や取引事例を参考にして価格を算出するものになります。これに対して訪問査定では実際に不動産をプロが見て現況を確認し、物件の状態や老朽化の程度を加味して算出するのが特徴です。より販売価格として適切なのは訪問査定ですが、査定を受ける上で簡便なのは机上査定であり、まずは机上査定で相場を概ね把握してから訪問査定を受けるという流れが一般的になっています。この際の査定価格を不動産会社間で比較することにより、相場に合った価格を算出できる信頼の置ける会社を選び出すことが可能です。

媒介契約を締結して販売

査定結果を手に入れたら販売を依頼する不動産会社を選び出します。その不動産会社と媒介契約を締結することで正式に不動産の販売活動を行ってもらうことが可能です。このときに知っておく必要があるのが媒介契約の種類と特徴であり、通常は不動産会社からは専属専任媒介契約を勧められます。専属専任媒介契約はその不動産会社とだけ媒介契約を結ぶことができ、自分で買い手を見つけても売却することもできなくなる契約です。この他に他の会社とは媒介契約を結べないけれど自分で見つけた買い手に売却ができる専任媒介契約、どの会社とも媒介契約を結べる一般媒介契約があります。専属専任媒介契約や専任媒介契約の場合には不動産会社も厳しい義務を負うことになるのが特徴です。レインズへの登録を契約締結後に速やかに行った上で、販売活動の状況報告を定期的に行う義務を負います。その義務がより厳しくなっているのが専属専任媒介契約です。どれを選ぶのも自由ですが、一般媒介契約の場合には不動産会社側は負う義務がないので販売活動をしなくても文句は言えないので注意しましょう。

販売中に行うこととは

媒介契約を締結すると不動産会社が販売活動を行ってくれます。専属専任媒介契約や専任媒介契約を選べば定期的に販売活動についての報告を受けられますが、一般媒介契約の場合には自分で調べなければなりません。不動産会社ではインターネットサイトや新聞の折込チラシ、ポスティングなどを活用して買い手を探しています。店頭で広告を表示するのもよく行われる販売方法です。このような方法で販売が行われているかを確認するのは大切であり、一般媒介契約以外の場合に適切な形で宣伝広告が行われていなかったら指摘して改善を求めることができます。どれだけ積極的に営業を行ってくれるかは不動産会社によって異なり、同じ不動産会社でも魅力のある物件かどうかでも変わる場合があるので注意しなければなりません。媒介契約を締結したから後は待っていれば良いと考えていると全然買い手が見つからないという状況に陥ることもあるので、宣伝が進められていることを確認しましょう。

契約の成立から引き渡しへ

宣伝の効果があって買い手が見つかった場合には内見を受け付けて、満足してもらえたら契約の締結に進みます。その際に価格交渉が行われることが多いですが、自分で応じても不動産会社に任せても構いません。納得のできる価格に落ち着いたら売買契約書を交わして引き渡しと決済を行う日を決めます。一ヶ月程度の猶予を持っておいて、その間に引越しの手配をして建物や土地の整理をするのが一般的です。そして、引き渡しの当日になったらお金を振り込んでもらい、その代わりに不動産に関わる書類を一式渡すことになります。物件確認をしてもらって確かに売買する予定だった物件だと互いに納得して取引を最終的に成立させるのがこの日です。この際にも不動産会社が立ち会ってくれるためトラブルが起こることはあまりありません。同時に不動産会社への仲介手数料などの諸費用の決済も行われます。

計画性のある売却が大切

不動産の売却は査定から始めて引き渡しに至るまでに長い期間がかかります。さらに売却に際して家族で相談をする必要があるとさらに時間がかかるでしょう。平均的に見ると半年から一年の期間がかかることを念頭に置いて計画性を持って売却の検討を始めることが大切です。特に媒介契約を締結して販売を開始してから買い手が付くまでどの程度の時間がかかるかはケースバイケースになります。なかなか見つからない場合には積極的に不動産会社にはたらきかけて販売活動を促進するようにしましょう。任せきりにしないのは計画通りに売却を進めるために肝心です。

おすすめ