住宅ローンの審査は簡単?

住宅ローンは、クレジットカードやマイカーローンなどと同じ金融商品となっていて、利用するためには審査を受ける必要があります。この審査に通らなければせっかく計画を立てていても無意味となってしまいます。審査の時にはどんなことに注意したらいいのかを知っておくことで安心して申し込むことが出来ます。


●住宅ローンの審査とは

カードローンやクレジットカードでは、基本的に個人の信用情報のみが審査の対象となって可否が決められますが、住宅ローンの場合はそれとは少し違います。どこが違うのかというと、購入する物件の価値も担保として審査の対象となるという点が異なります。住宅ローンは他のローンよりも大きな金額となってしまうので、万が一返済が滞った場合には、購入した物件を売却して返済にあてることになります。また、利用するときには同時に生命保険へ加入することが必要な場合もあるようです。


●個人の信用で重視されるところは?

しかし、住宅ローンの審査で一番重視さえるのは、個人の信用情報です。信用情報とは、年収や勤続年数、他の金融商品の支払い状況などを含んだ、申込者の返済能力のことを指します。年収は最低でも税込200万円以上、勤続年数は最低2年という暗黙の規定があるところもあるので、申し込みの際には事前にボーダーラインを把握しておきましょう。